一眼レフ持ってディズニーランドへ

ええ、やってみたかったんすわ。タイトル通り、一眼レフ持ってディズニーランド。前回の記事に引き続き、やりたかったことは一眼レフできれいな写真を撮るということよりもあの重たい機体を持って一日中遊べるかという実験。ズーラシアは滞在時間が少なかったこともあって全く問題なかったんだけど、ディズニーならどうなんだろうかと。

今回も結論を先に書いてしまうけど、全く問題ありませんでした。まぁこの辺は個人差があるんだろうけど。。。娘はまだ3歳だし、乗り物なども限定されているし、やれることが限られている。そういった限定的な中での感想だからまずは参考値といったところか。

f:id:nagiken:20170210115110j:plain

f:id:nagiken:20170210115130j:plain

FROZEN Fantasyがやってました。いやはや、まさかウチラまでフローズンになるとはこのときは思いもしなかった。。。

よく晴れてて、気持ちが良かった!のは最初だけ、、、

なんとかお昼のショーは天気間に合った。娘はエルサが大好きなので釘付け。

 

こんな感じで空はどんよりとした雲に覆われる。

 

そして雪がチラついた!と思ったらこれですわ。モノクロにしてますが、肩に積もるほどの猛吹雪!!いやーFrozenでしたわ。雪の女王いましたわ!娘は寒かったのかベビーカーに潜り込んでお昼寝してて、この吹雪は見てなかった模様。

夕暮れのシンデレラ城もこの不気味さ(笑  OlympusのボディキャップレンズBCL0908で。

と、まぁ旅行写真をぱちぱちと貼ってみたけど、一眼レフはディズニーでもやれるということがわかりましたという話。

んでも、正直OlympusのOM-D E-M10 Mark IIもなかなか捨てがたいんすわ。BCL0908もそうなんだけどやたらとよく映るんで正直一眼イルカ?と思うことも。ピーカンでEVFが頼りない夏場とかの運動会とかでもない限りEM10でも十分な気がしている。こちらはもっと軽いからね。

と、、12-40 f2.8 proが欲しくなっている今日このごろなのである。そしたらそれなりの重さになってしまうか。。。25mmと45mmの2つしかないけどproレンズの描写も見てみたい。あぁ悩ましい。やっぱりProレンズとはいえズームレンズ。単焦点の描写にはかなわない??なんというほど素人にはわからない?