FUJIFILM X-T20で気に入らない点

使い始めてしばらく経てばそりゃきになる点も出てくるわけだ。取り立てて大きな欠点がないとい感じを受けてるのは購入時から変わってない。これからも使い続けたいカメラであることは間違いない。買った時の記事にも書いたような気がするけど、やっぱりきになる点をまとめておく。

・グリップした時のボタン誤操作

これはアマゾンのレビューとかでも似たようなことを書いてる方がいて、実際使ってみるとああこのことかと思った。このカメラ小さいもんだから構える時の右手の持ち方は人によって結構違うんじゃないかと思っている。お散歩的に単焦点レンズをつけてしかつかってない人はもしかしたら人差し指と親指でつまむように持つ人もいて気にならないかもしれないけど、キットレンズ程度の重量だとつまみ持ちは厳しい。となると親指付け根の手のひらあたりでボディを受け止めるような格好になるわけだが、その時に背面右下に配置されているボタンをカチッと触れてしまうわけだ。俺は右ボタンにWBを割り当ててるがこのメニューが頻繁に出てしまう。無効にしておけばいいのかもしれないけど、カチカチなるの自体も少しストレス。小ささゆえの弊害だと思うが今まで使ってた軽めのミラーレスでもこう言うことはなかったから、多分設計上の問題かと。嫌な人は嫌だと思う。俺も嫌なのは嫌だけど、幸い?に純正のレザーケースをつけていると、ボディ右側に厚みが出てボタンに触れなくなる。なので今の自分の使い方ではこの問題はないのだが、裸で使うときは問題になるわけで、問題の可能性が内在してるのは気持ちいいもんではない。ちなみちx-t1やt2ではなかったからボディサイズのせいかと。

 

・露出の変わり方がチカチカ

これはFUJIFILMの特徴的な動作のように思える。自動露出にしているときの画面の見え方が非常にカクカク、チカチカするのだ。他のカメラを使っててこういう現象はなかったから最初壊れてるのかと思ったけど、店頭の機種も一緒、レンタルしたのも一緒、X-Pro2とかも一緒でみな同じ様子。例えばD7200なんかはもっとスムースに露出が変わっていくのに、フジはチカチカチカ!って感じで段階的に変わってる感がすごい。これは正直嫌いの人は嫌いなのでは?しかも段階的に変わっていくときにシャッターきると予期せぬ露出で撮れるわけで。きちんと安定してから撮れやといわれりゃそれまでだけどそんなもん素人がパシャパシャやってるんだからさ。

今のところこの2点が気になる点で、気に入らない点といえばそうなる点。

まぁどれも我慢はできるレベルだけどね。出てくる写真はとてもキレイだよ。

以上